法の下に眠るものは法は救わず

仕事が暇になってきたから、勉強した。

近年の進歩性を一応確認。

学者が現行の進歩性の甘すぎる
基準に異を唱えているので、
実務的な変化があるのかという
ことに興味がある。

結論から言えば、現在の知財高裁
の所長は、進歩性が甘すぎるとは
考えていないようなので、実務的な
変化はないということだと思った。

そして、結局、法の下に眠るものを
法は救わずということなんだなあと
思った。

現行の甘い進歩性の判断基準を敵に回すのか
味方につけるのかは、結局、現行の基準を
知っていなければならないわけで・・・。

結局、特許出願を出したもの勝ちである
という現在の状況をが分かった上で、出願
戦略を立てることができる者、が有利な立場
に立てるんだということを改めて感じた。

実務に、反映していこうと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント